Home • ロボティクスラボ|本格的に学べるロボット教室

ロボティクスラボ|本格的に学べるロボット教室

ロボティクスラボ

じっくりと時間をかけて学習できるロボット教室

ロボティクスラボは、飯田橋にあるロボット教室のことをさします。リパネスというところが運営母体で、科学教育にまつわる色々な事業を展開していることで業界では知られた存在になっています。他にもロボット教室を開催しているところはいろいろとありますが、4年間という長い歳月をかけてロボット開発に必要な知識・スキルを獲得していくという少し珍しいスタイルをとっているのが特徴です。日本にあるロボット教室の中でも、おそらく唯一のスタイルと言っても過言ではないはずです。しかも1年ごとに異なる目標を立てて学習していきます。「着実にステップを踏みながらロボット開発のノウハウをも名で行けるので基礎をしっかり学習できる」と口コミでも高く評価されています。
1年目はモノづくりに関係する素材を使って、いわゆる工作を行います。紙や金属、プラスチックのような素材の加工を始めていきます。この時点ではロボットのロの字も出てこないような感じです。そして2年目に突入したところで、動力や機構に関する専門的な学習がスタートします。3年目に入ると電子回路に関する知識やスキルを獲得するための授業にスライドしていきます。そして最終年に入ったところでマイコンで必要なプログラミングの実践的な学習をして、ようやくオリジナルロボットの開発を進めていくような感じです。着実に地保を固めていくスタイルで、「脱落者が出にくい」ところを評価する声もしばしばインターネットの口コミサイトでは見られます。

クリエイティブな力を育成するロボティクスラボ

なぜこのように4年間もかけてロボットに関する学習をするかですが、ロボティクスラボでは思考サイクルを重視しているからです。作って学び、工夫するというサイクルをロボティクスラボでは教育をするにあたって重要視しています。このサイクルで考えるパターンを子どもの中に定着させることで、自分で考える力、自分の持っている知識を動員して応用する力、知っていることをベースにしてオリジナリティを出していく創造力を高めようとしているわけです。「自分でいろいろな疑問を持って、それを解決するためにはどうすればいいかということを考えるのが楽しくなった」という生徒からの口コミもしばしば見られます。自分のアイデアが試行錯誤していく中で、だんだんと形になっていくのは達成感や充実感を得られます。「もっと学習しよう」「もっといろいろな事ができるようになりたい」と思うようになって、ますます子どもの学習意欲が増すと保護者などの間から評価する口コミも見受けられます。

 

関連ページ:トゥルース・アカデミー|レゴでロボット教室?

In

Author:0gp00e3k